★萌え可愛いが魅力的なスマホゲームを厳選★


ロジクールG502HERO使用感をレビュー!使いやすい最高のゲーミングマウスです

LOGICOOL G502 HEROレビュー



eSPORTSも世間に広まりPCゲーマー人口も増えてきてゲーミングPCを手に入れた後にまずい悩むのがマウスとキーボード!!

マウスは特に

  • クリックのしやすさ
  • 持ちやすさ
  • 優線無線
  • 多機能なボタン
  • マクロ設定
  • イルミネーション
など悩む要素の多いPC機器です

今回はロジクールの最高級ゲーミングマウスG502HEROについて

購入して半年ほどたちましたので使用感やいい点悪い点についてレビューしていきたいと思います

初めにざっくり感想を言ってしまうと

もう他のマウスには戻れない

そんな最高のマウスでした

 

えんおう

TVでケインコスギさんがお勧めしてたマウスです

1度使ったらもうこれしかない!!LOGICOOL G502 HEROの素晴らしい点をレビュー解説する

ロジクールG502HEROレビュー

基本情報ロジクールG502HEROとRazer DeathAdder Eliteで比較

 

まずは簡単に基本情報をもう一つの人気マウスレイザーのデスアダーエリートと比較してみました

 

G502HERORazer DeathAdder Elite
高さ132㎝127㎝
7570㎝
高さ53mmくらい54mmくらい
重量121g105g
ケーブル長さ2.1m2.1m
解像度16000dpi16000dpi
ポートレート1MS 1MS
ボタン数118
最大加速50g40g
最大スピード450IPS400 IPS

基本情報はこんな感じで主な違いはボタンの数とマウスのサイズ感や重さといったところでしょうか

ただあくまで基本情報なのでこれだけではG502 HEROの良さがわからないと思いますので、使用感について解説していきます

ロジクールG502HEROの最高な点

G502 HEROのいい点1 手にフィットする形状

G502HEROは右手専用のマウスとなっているのですが、非常に持ちやすいです

親指部分にくぼみがあり、そこに滑り止めのゴムがついているんで滑る心配がありません

ロジクールG502HERO 見た目

勿論右側にも滑り止めのゴムが

ロジクールG502HERO 滑り止めが便利

またサイズ感に関してですが、基本情報だとRazer DeathAdder Eliteより大きいですが、実際は一回り小さく感じます

ロジクールG502HEROデスアダーと大きさ比較 ロジクールG502HEROデスアダーと大きさ比較

クリックに関してですが浅い位置で反応するので非常にクリックがしやすく連打もやりやすいです

それでいてカチッとしっかりクリック感もあるので誤射等はほぼ起きないかと思います

 

右クリックはクリック部が右端いっぱいまである訳ではないので、持ち方によったら押せないこともあるかもしれません

私自身は押せなかったことはないのでデメリットには感じていませんが

ロジクールG502HERO右クリック画像

G502 HEROのいい点2 便利な5個のサイドボタン

G502HEROの魅力はサイドボタンが多い点です

左側のサイドボタンだけで5個もついているのでゲームをやる際に沢山のショートカットキーを振り分けられるので便利です

またボタンが多いと言っても位置が明確に違うので押すボタンを間違えるということは少ないかと思います

ロジクールG502HEROサイドボタン

⑤のボタンに関しては普通の持ち方だと親指が少し届きづらいので使い道は少ないかもしれません

ロジクールG502HEROサイドボタン ロジクールG502HEROサイドボタン

えんおう

私の持ち方だと親指をちょっとグイっとやらないと届かないです

FPSゲーマーならこれがいかに不便かわかると思います

 

G502 HEROのいい点1 ボタン一つでdpiやUIが変更可能

初期設定の場合

  • 真ん中のボタンでUIを変更可能(3段階)
  • 左側のサイドボタンでdpiを変更可能

ロジクールG502HEROui変更

UIというのはキーの振り分け設定のことで、下の画像を見てもらえれば分かると思いますが

UIを変えることでキーの振り分けを一瞬で変えることが出来ます

ロジクールG502HERO設定

ロジクールG502HERO設定

最大3つのUlパターンを設定することが出来るので
[list class="li-niku"]

  • 1つはフォートナイト用
  • 1つはエーペックス用
  • 1つはWEB閲覧用
と用途に合わせて切り替えをすることが出来ます

 

またDPIの切替もボタン一つで出来ます(最大5段階)

ただゲーム中にやたらDPIを変えるということはないので、個人的にはDPI変更ボタンを振り分ける必要はないと思ってます

えんおう

私のDPIはゲーム時は800

WEB閲覧時は1200にしています

またUIやdpi変更時は画面の右下でお知らせしてくれるので、自分が今どのUiでどのDPIに変更したかすぐ分かります

マウスでも分かります

UI設定1

UI設定2

G502 HEROのいい点1 使いやすいロジクールのソフトウェア

UIの変更やイルミネーションの設定はロジクールの専用ソフトフェアで行うことが出来るのですが

非常にわかりやすくて誰でも感覚的に設定できるかと思います

イルミネーションもUI設定ごとに変えることが出来ますので、自分好みにカスタマイズ出来ます

えんおう

イルミネーションに関しては光るところが少ないからおまけ程度ですが・・・

MEMO
にてできますがソフトの数が多すぎて自分は迷ったのでリンクを張っておきます
参考 ゲーミングソフトウェアをインストールLogicool公式ホームページ

ロジクールG502HEROのその他の便利な機能

G502 HEROのいい点おまけ マウスホイールがあたりなしあり変更可能

真ん中の上のボタンを押すことでマウスホイールのあたりをなくすことが出来ます

普通はホイールを回すとカリっカリみたいな抵抗がありますが、それを無くしてスーっと回すことが出来ます

えんおう

正直私は使わないからどうでもいいかな(笑)

むしろ抵抗がないと使いづらい

G502 HEROのいい点おまけ 重さ調整が可能

G502は重さが125gと元々他のゲーミングマウスに比べて少し重めですが、専用の重りを入れることでさらに重くすることが出来ます

 

1つ3.6gで最大5個入れることが出来ます

マウスの重さに関しては完全に個人の好みの問題なのである程度重さを調整できるG502はかなり使い勝手がいいですね

えんおう

ちなみに私は色々検討した結果1つ入れで落ち着きました

ロジクールG502HERO悪いところ

 

こんな最高のマウスですが悪い点を挙げるとしたら

  • 左クリック時、左のボタンが誤クリックする可能あり
  • 少し重いか??
  • 有線なので配線が邪魔になるかも
  • 値段が高め

このあたりが気になりました

左クリックの横のボタンは間違って押しちゃう

①と②のボタンですが、左クリックに綺麗に沿っているため誤クリックしやすいといえます

えんおう

私はエーペックスレジェンズをやっている際、近接戦闘(殴り)を①と②両方に振っているのですが、焦ったときに稀に押してしまうことがあります

この辺は慣れもあるかと思いますが、気になる人は①、②ボタンにあまり重要なキーを振り分けないことを推奨します

重り調整が出来るといっても最初から重め

これは個人差があるので一概に悪いというわけではありません

ただ確かにレイザーのデスアダーを使っているとG502は少し重く感じます

やっぱり配線が邪魔

G502は有線なので配線が邪魔になりがちです

これはマウスバンジーを使用することで解決できるので、気になる人はマウスバンジーを使用しましょう

 

値段がたけーよ

G502HEROは約1万円します

レイザーのデスアダーが6000円位なので少し高いです

 

スポンサーリンク

それでも私はLOGICOOL G502 HEROが好き!レビューまとめ

メリットデメリットがあるG502ですが、私はレイザーのデスアダーよりG502の使用感のほうが好きなので

ゲームをやる際はG502でプレイしています

 

やっぱり5つのサイドボタンが便利で、通常のマウスのような2つでは足りないです

またG502は非常に握りやすく手にフィットするので、馴染んでしまえば他のマウスが違和感を感じること間違いなしです

 

少し高いですが買って後悔しない最高のマウスですので是非検討してみて下さい

 

またRazer Deathadder Eliteという人気マウスもレビューしていますので気になった方は参考にしてください

Razer Deathadder Elite使用感やいい点悪い点をレビュー! Razer Deathadder Elite使用感やいい点悪い点をレビュー!コスパ最高のゲーミングマウス

どっちがいいか迷った方は

LogicoolG502とRazer DeathAdder Eliteゲーミングマウスどっちがお勧め?色々比較してみました LogicoolG502とRazer DeathAdder Eliteゲーミングマウスどっちがお勧め?色々比較してみました

その他のデバイス情報

6畳にL字デスクを置いたPC部屋の構成と周辺機器を紹介! 6畳にL字デスクを置いたPC部屋の構成と周辺機器を紹介!ゲーマー必見のお洒落な部屋

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。