【モンスト】ドリィ激究極攻略!配置解説!意識するだけで違う

オススメ記事セレクション
スポンサーリンク









ドリィはアンチ重力バリアとアンチダメージウォールの汎用性の高いアビリティーを二つ持っている為是非運極を目指したいところですが、激究極なので難しいと思う人もいると思います。しかし配置さえ意識すればそんなに難しく無く早く周回できるので参考にしてください!!
ドリィの評価や使い道はこちら

激究極ラブリードリィ攻略、高速周回

激究極ドリィ解説のポイント

1.解説のポイントとしてステージ画像には次のステージのブロックの配置が書いてあるのでブロックの外に配置できるよう全ステージ意識してください!!
2.ギミックはアンチブロックとウィンドウがあれば有利になるが無くてもあまり問題ない!!キラー持ちや壁ドンSS、大号令SSなど火力の高いモンスターをなるべく連れて行こう!!反射タイプで固めること!!

ドリィ適性モンスター

無課金お勧め


董卓いれば十分(追憶の書庫で入手可能)

ガチャ限定

壁ドンSS持ちキャラお勧め!!またはロボットキラー、光属性キラー持ちキャラならなんでも!!

スポンサーリンク

激究極ドリィステージ1

ステージ1攻略ポイント

1.リドラの攻撃が少し痛いので先に倒して置く

2.ブロックの上に入り魔導士を削っていく

3.抜ける前にできれば赤枠の外側に配置できるように心掛ける!!(ウィンドウに吸われるのでそこまで意識しなくていいが)

激究極ドリィステージ2

ステージ2攻略のポイント

1.下配置できたモンスターはドリィにカンカンしに行く!!ウィンドウに引き込まれたモンスターは魔導士を倒しに行く!!全員引き込まれたら魔導士処理後ブロックの外からドリィを削る

ドリィの右上の9ターンは結構痛いんでHPに注意することロックオンレーザーで3万ダメくらい。ウィンドウで4体固まってたらワンパンされます

2.次のステージに向けてドリィを殴りに行ったモンスターはなるべく横からカンカンすることで配置が取れる。右側の配置はウィンドウの右側に来れば配置が取れる。

激究極ドリィステージ3

ステージ3攻略のポイント

左側に配置が取れているモンスターは左側の敵を右に取れているモンスターはドリィをカンカンしに行く!!

先にドリィを倒すことが出来れば左の魔導士に挟まりボス1の配置が取れるので攻略がスムーズになる。先に左側を倒すとウィンドウに引き寄せられ配置が取れなくなる。

激究極ドリィボス1

ボス1攻略のポイント

左側に配置が出来ているモンスターはドリーをカンカンしに行く(壁ドンSSなどがあれば使ってゲージ飛ばしを狙ってみるのもよい!!その際はなるべく薄く壁に触れながら倍率を上げることを意識すること!!)

右側にいるモンスターは魔導士を攻撃しつつ右上のウィンドウに引き寄せられるように配置をする。右上に配置ができればボス2にて非常に有利になる。なるべく赤枠の外に配置できるように意識すること

黄色い枠で止まって次ステージに行くと2ターン目にウィンドウに吸われてしまうので注意すること!!

激究極ドリィボス2


1.右側に配置できているモンスターはドリィにカンカンしに行く!!上より右壁の方がボスとの間が狭いので打つ際はなるべく右側に入るようにすること!!ここでも壁ドンSSがあれば使ってもよい!!先にボスを撤退させることが出来れば残った雑魚で配置に専念できるので最終ゲージが楽になる。

右側に配置が出来ていないモンスターは魔導士やリドラの処理に専念する。配置に専念したいところだがボスが残っている限りウィンドウに引っ張られるのでウィンドウ付近に来てしまう。

激究極ドリィボス3


1。残っているSSを使いボスに集中攻撃をする。壁ドンSSなど配置が悪かったらウィンドウより下に来るように撃ち次のターンにSSを決めると良い!!

スポンサーリンク

まとめ

激究極ドリィ参考動画

中ボス2が飛んだりしてますけど配置にはあまり問題ないので参考にしてください!!まさかの撮影時に運極ボーナスが出るとわ・・・
(スマホの方は画面を横にしてみて下さい!!縦だと画面が小さいです)

最後に

ドリィのクエストは配置が上手く取ることが出来れば簡単で高速周回することが出来ます。モンスターのスペックとしてもかなり優秀なのでぜひ運極を目指してみてください!!

えんおう一押しゲーム!”崩壊3rd”


圧倒的グラフィックに可愛いキャラクター

声優も豪華で主人公のキアナちゃんは釘宮さんが担当

嵌ること間違いなし!!


グラフィックの綺麗さを見せる為にスクショではなくあえて直撮りしてみたよ!!
詳しい詳細や見どころ紹介記事はこちら
崩壊3rdってどんなゲーム??ゲーム性などをレビュー

崩壊3rd
崩壊3rd
無料
posted with アプリーチ

オススメ記事セレクション

RECOMMEND こちらの記事も人気です。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。