サイト改装中!一部表示不具合あります

Razer Hammerhead Ture Wireless Proをレビュー!低遅延でゲームに最適!

7 min
Razer Hammerhead Ture Wireless Proをレビュー!低遅延でゲームに最適!

こんにちは!スノウです

今回はRazer Hammerhead Ture Wireless Proをレビューしていきます

Razer Hammerhead Ture Wireless Proのレビュー画像

Razerといえばゲーミングデバイスで有名な企業で蛇をモチーフにしたロゴはカッコよくて人気があります

今回のHammerhead Ture Wireless Proゲーム向けに配慮された低遅延機能を備えておりスマホゲームをプレイする方にとってもいいワイヤレスイヤホンとなっています

またノイズキャンセリングや環境音取り込みもしっかり備わっておりかなり完成度の高い製品となっています

音質に関してもTHX認定されているのでかなり高品質です

THXはアメリカの音響技術を提供する企業の名前。音響のチェックと品質認定も行っており、合格したスクリーンがTHX認定を受けることができるのです。THXの規定は非常に厳しいため、認定を受けたスクリーンの音はまさに折り紙付き。現在はイオンシネマの全国8スクリーンがTHX認定になっています

https://gakumado.mynavi.jp/gmd/articles/55686より引用

今回はそんなRazer Hammerhead Ture Wireless Proを様々な観点からレビューするので参考にして下さい

またRazer Hammerhead Ture Wireless Xも所持していますので比較もしていきます

head Ture Wireless Proの特徴
  • Razerから出たワイヤレスイヤホン
  • ゲームモードでは遅延がほぼ無い
  • THX 認定認定された音質
  • ノイズキャンセリング機能に環境音取り込みも搭載
  • デザインがかっこいい!!

ゲーミングデバイスといえばRazer

ゲームに最適!Razer Hammerhead Ture Wireless Proをレビュー!

Razer Hammerhead Ture Wireless Pro基本スペック

Razer Hammerhead Ture Wireless Proのレビュー画像
接続Bluetooth5.1
形状カナル型
バッテリー持続時間1回の充電で最大 4時間
ケース込みで最大20時間
ノイズキャンセリング
外音取り込み
ドライバー10㎜
防水規格IPX4
重量10g
コーデックAAC.SBC

防水規格はIPX4なので雨での装着は全く問題ありません

Razer Hammerhead Ture Wireless Pro開封

Razer Hammerhead Ture Wireless Proのレビュー画像

全て取り出します

Razer Hammerhead Ture Wireless Proのレビュー画像

イヤーチップが一杯
入っているもの
  • イヤホン本体×2
  • 充電用ケース
  • USBケーブルTypeA→TypeC
  • 説明書
  • 取替用イヤーチップ全6種類
Razer Hammerhead Ture Wireless Proのレビュー画像

イヤーパッドが6種類もあります

反発の強いシリコン製

Razer Hammerhead Ture Wireless Proのレビュー画像
Comply™ ブラックフォームチップ

このタイプは耳に入れる前に先にイヤーチップを潰して耳の中で膨らんでフィットするタイプです

オーソドックスなタイプ

Razer Hammerhead Ture Wireless Proのレビュー画像
SecureSeal 半透明シリコンチップ

大きさの違いもあります

Razer Hammerhead Ture Wireless Proのレビュー画像
SmoothComfort ブラックシリコンチップ

最初からイヤーチップの選択肢が多いことは素晴らしいですね

Razer Hammerhead Ture Wireless Pro見た目紹介

まずはケースから

Razer Hammerhead Ture Wireless Proのレビュー画像

マッドな黒いプラスチックケースです

スノウ

スノウ

良くも悪くも普通で特別高級感があるとは感じませんね

Razer Hammerhead Ture Wireless Proのレビュー画像

上側にはRazerの文字が

Razer Hammerhead Ture Wireless Proのレビュー画像

下側にUSBTypeCケーブルにて充電が出来ます

Razer Hammerhead Ture Wireless Proのレビュー画像
スノウ

スノウ

ワイヤレスのQI充電には対応していないみたいです

正面のランプの色でケースの残量を教えてくれます

ケースの充電中は橙色が充電中で緑が満タンです

Razer Hammerhead Ture Wireless Proのレビュー画像

  • 緑:残量あり
  • 橙:少ない
  • 赤:残量無し
メロウ

メロウ

特に覚えなくても何となく分かりますね

ケースのサイズは結構コンパクトなのでポケットに入れることも可能ですね

Razer Hammerhead Ture Wireless Proのレビュー画像

蓋を開けるとイヤホンが収納されています

Razer Hammerhead Ture Wireless Proのレビュー画像

軽い磁石で引っ張られているので収納する際もスムーズに入れることが出来ます

イヤホン本体

Razer Hammerhead Ture Wireless Proのレビュー画像

Razerのロゴがかっこいいですね

ロゴの部分はタッチセンサーになっています

Razer Hammerhead Ture Wireless Proのレビュー画像

ノイズキャンセリングや環境音取り込みはここから拾っていそうですね

カナル型のイヤホンです

Razer Hammerhead Ture Wireless Proのレビュー画像

結構形状が特殊で割と周りがごつめになっています

このふくらみ部分が案外合う人と会わない人で分かれるかなと感じました

私自身は右耳は全く違和感ありませんが、左耳が長時間かけていると少し痛くなってきます

Razer Hammerhead Ture Wireless Proのレビュー画像

Razer Hammerhead Ture Wireless Proの形状を1周グルっと撮影したので横にスライドして見て下さい

イヤーパッドを外してみると丸型ではなく楕円の形をしています

Razer Hammerhead Ture Wireless Proのレビュー画像
Razer Hammerhead Ture Wireless Proのレビュー画像

重さ

Razer Hammerhead Ture Wireless Proのレビュー画像

重さは約10gとワイヤレスイヤホンの中でもトップクラスに軽いです

重さ比較(Max20g)
Razer Hammerhead Ture Wireless Pro
10g
Razer Hammerhead Ture Wireless X
9.6g
Air Pods Pro
11g
Bose QuietComfort Earbuds
18.8g
Anker Soundcore Liberty Air 2 Pro
10.7g

ドライバー

Razer Hammerhead Ture Wireless Proは10mmのダイナミックドライバーを搭載しています

装着時のイメージ

Razer Hammerhead Ture Wireless Proの装着感の画像
Razer Hammerhead Ture Wireless Proの装着感の画像

外から見たらすっきりした見た目なのでRazerのロゴがワンポイントでオシャレですね

フィット感は激しく動かなければ問題ありません

Razer Hammerhead Ture Wireless Proのペアリング設定

Razer Hammerhead Ture Wireless Proは専用アプリでペアリングや細かな設定が出来るのでまずはアプリをインストールしましょう

Razer Audio

Razer Audio
開発元:Razer
無料
posted withアプリーチ

あとはアプリの指示に従っていくだけです

Razer Hammerhead Ture Wireless Proのアプリの画像
メロウ

メロウ

簡単なので安心

上手く繋がらない場合はスマホのBluetooth設定でペアリングをしてあげるとアプリの方でも上手く読み込んでくれます

iPhoneの場合

[設定]→[Bluetooth]→Razer Hammerhead Ture Wireless Proを選択してペアリング

一覧に出てこない場合は一度ケースに戻して蓋をしてもう一度開けて見ましょう。電源が落ちている可能性があるので今の動作で電源が入ります

スノウ

スノウ

これでペアリングできるはず

アプリでは色々な設定を変更出来ます

Razer Hammerhead Ture Wireless Proのアプリの画像

ガイド音声が初めは英語なので日本語に変更しましょう

Razer Hammerhead Ture Wireless Proの音質や機能いい点を紹介

Razer Hammerhead Ture Wireless Proのレビュー画像

ワイヤレスイヤホンで気になるのは音質、装着感、ノイズキャンセリングやその他の機能です

順番に実際に使用して感じた事をレビューしていきます

音質は低音が強く高音がやや厳しめ!?

Razer Hammerhead Ture Wireless Proの音質は全体的にクオリティーが高く特に低音が強い為迫力ある音を楽しめます

高音に関しては基本的に悪くはないですが、高すぎるとややシャリシャリ音が聴こえて苦しさを感じる場面が多々ありました

スノウ

スノウ

他の高いイヤホンに比べると音楽では少し劣るかなって感じです

装着感は悪くはないが、、

形状がAir Pods Proと似ているので装着が手軽で悪くはないが、私は長時間付けていると少し左耳が痛くなります

イヤーチップの後ろの形状が結構大きいので干渉の仕方次第で痛くなるのかもしれません

Razer Hammerhead Ture Wireless Proのレビュー画像
スノウ

スノウ

装着感に関しては個人差があるのであくまで私の場合はです

耳の痛みはイヤーパッドの変更などでも改善が見込めるので色々試してみましょう

ノイズキャンセリング機能の性能は!?

ノイズキャンセリングに関してかなりハイレベルで多くの雑音を遮断してくれます

扇風機程度ならほぼ無音近いレベルで遮断してくれるのでより音に集中できますね

またパチンコ屋でも試しましたが、完全にゼロにはなりませんがビックリするくらい周りの音が静かになるのでかなり使えます

スノウ

スノウ

逆に言えば自分の台の音はある程度聞こえるので結構快適です

ただしAir Pods Proと比べるとほんの少し性能が落ちます

外音取り込み機能は悪くはない

Razer Hammerhead Ture Wireless Proの外音取り込み機能はONにすれば周りの音を結構拾ってくれますが、イヤホンをしていない時のような自然な音とはちょっと違った感じがします

音の周波数によりますが少しノイズが乗っている感じです

ただしあくまで聴き比べた時の話で、イヤホンをつけっぱなしにしている限りはそこまで違和感はないですね

また周りの音が凄い聴こえるという訳でもなく、外しているときを100%としたら90%くらいの音量?です

実際試しましたがコンビニで店員とのやり取りなどは余裕で出来たので実用的な機能です

バッテリーの持続時間はそこまでよくはない

Razer Hammerhead Ture Wireless Proのバッテリーはイヤホンで4時間、ケースが16時間分なので最大20時間使用可能です

20時間も使えればほぼ困ることはないですが、他の機種と比較すると少し弱いことが分かります

機種持続時間
Razer Hammerhead Ture Wireless Pro4時間 合計16時間
Razer Hammerhead Ture Wireless X6時間 合計22時間
Air Pods Pro4.5時間 合計24時間
Bose QuietComfort Earbuds
Anker Soundcore Liberty Air 2 Pro
メロウ

メロウ

20時間も使えれば十分でしょ

スノウ

スノウ

そうですね!なのでそこまでデメリットではないですね

遅延を感じない!?ゲームモードの詳細

Razer Hammerhead Ture Wireless Proはゲームモードという機能を搭載しており、この機能を入れると60msの低レイテンシー接続が出来るのでゲームプレイもより快適になります

またYouTubeなども音ズレが極端に減るので、音楽以外の動画でも快適性が増します

実際にスマホゲームでゲームモードON,OFF、その他のワイヤレスイヤホンで比較して見ましたが、確かにゲームモードの遅延はかなり少なかったです

機種名遅延
Razer Hammerhead Ture Wireless Proかなり少ない
Razer Hammerhead Ture Wireless Xかなり少ない
Bose QuietComfort Earbuds大きい
Anker Soundcore Liberty Air 2 Pro少ない
Air Pods Proかなり少ない

しかし遅延が完全にない訳ので、PUBGや荒野行動モンストなどでは全く不便しませんが、バンドリなどの音ゲームでは少しやり辛さは感じました

厳しいジャンル
  • 音ゲーム
快適ジャンル
  • モンスト、パズドラなど軽いアクション
  • PUBG、荒野行動もほぼ快適!ガチ勢は有線の方がいい
  • YouTubeは全く問題なし
メロウ

メロウ

音ゲーム以外は遅延がほぼ気にならないのでかなりメリット

タップ操作は簡単!全く不満点無し

Razerのロゴの部分がセンサーになっているので軽くタップするだけで反応します

Razer Hammerhead Ture Wireless Proのレビュー画像
ロゴをタップ

初期設定は以下の通りですが自分で割り当てることも可能です

Razer Hammerhead Ture Wireless Proのアプリの画像

動作
再生停止1回タップ再生停止
次へ2回タップ次へ
前へ3回タップ前へ
ノイキャン/外音/オフ2秒長押しノイキャン/外音/オフ
音量下げ2回タップ+長押し音量上げ
ゲームモードオン3回タップ+長押しゲームモードオン
スノウ

スノウ

左と右ごとに設定できるので自分好みの設定に変えましょう

Razer Hammerhead Ture Wireless Proレビュー まとめ

Razer Hammerhead Ture Wireless Proをレビュー!低遅延でゲームに最適!
Razer Hammerhead Ture Wireless Proのいい点
  • 低音が強く迫力がある
  • 重さ10gと軽い
  • ノイキャン性能が高い
  • 外音取り込み機能がある
  • ゲームモードは遅延が少ない
  • 見た目がかっこいい
ゲーム好きは買いでしょ!
惜しい点
  • 高音がシャリシャリになりがち
  • Xは光るのにProは光らない
  • 実はAir Pods Proも同レベルに遅延が少ない
あくまで私個人の意見です

いい点悪い点はこんなところです。

Razer Hammerhead Ture Wireless Proは元々25000円程度で販売されていましたが、今では2万円程度で手に入るので、2万円で上記のメリットを体感できるのでかなりお勧めのワイヤレスイヤホンです

私個人としてはRazerのデザインは兎に角かっこいいのでそれだけで推せるポイントになります

ノイキャン性能はかなり高いものになっているので買って後悔しない商品となっているので是非検討して見て下さい

Razer Hammerhead Ture Wireless ProとXどっちがいい??

Razer Hammerhead Ture Wireless ProとXの比較画像

どちらがいいかは正直自分の使用用途によります

Pro
X
  • 価格 約2万円
  • 音質 Xとほぼ同じ
  • 10mmドライバー
  • カナル型
  • 光らない
  • ノイキャン有(優秀)
  • 外音取り込み(そこそこいい)
  • 遅延Xとほぼ同じ
  • イコライザー設定可能
  • 持続 4時間 計20時間
  • 発売日 2021年 4月
  • 約1万円
  • 音質Proとほぼ同じ
  • 13mmドライバー
  • インナーイヤー型
  • 光る
  • ノイキャン無し
  • 外音取り込み無し
  • 遅延Proとほぼ同じ
  • イコライザー設定可能
  • 持続 6時間 計28時間
  • 発売日 2021年 6月

大きな違いはノイキャンと外音取り込みの有無ですね

その分値段が違うといった感じなのでこれらの機能が欲しい方はRazer Hammerhead Ture Wireless Proがお勧めです。

少しでも価格を抑えてコスパを重視したい方はRazer Hammerhead Ture Wireless Xがお勧めです

気になる方はRazer Hammerhead Ture Wireless Xのレビュー記事もあるので参考にしてみて下さい

えんおう

えんおう

29歳普通のサラリーマン
ガジェットが大好きで少しでも興味が出ると買ってしまいます。
またアニメゲームが趣味で休みの日はゲーム三昧♪

バンドリ、BO4嵌り中です。

Amazon欲しいものリスト


バンドリグッツがめちゃ欲しいです♫プレゼントしてくれたら泣いて喜びブログにレビュー記事を書きます

カテゴリー:
関連記事